交通安全用品総合カタログ 2020-2021


>> P.280

衝撃緩衝装置LED表示板自発光式道路標識視線誘導標反射シート線形誘導標スノーポール積雪対策製品地域別スノーポール障害物表示道路鋲縁石鋲車線分離標車止め樹脂ブロック衝撃緩衝装置路面標示材速度抑制装置LED照明灯カーブミラー鳥害防除施設銘板支柱・金具接着剤路面補修材www.azuma-syokai.co.jp280効果実績衝撃緩衝装置ノックスクッションの効果実績(一例)場所発生年月S52.10国道246号線赤坂上り状況分流正面へ衝突。(初期の設置のため前衛体のみだった)背面(バリヤ)の点滅灯およびコンクリート構造物まで破壊された。激突した車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。53.3国道246号線赤坂上り約30°の角度で衝突、右側壁面をこすり、一辺を小破。車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。53.4国道20号線初台下り分流へ約15°の角度で正面衝突して滑り、右側壁面の一辺を破損。スリップの跡から推測して、衝突と同時にブレーキをかけたもよう。そのまま乗り逃げ。事故の発生はなかった。53.5国道20号線笹塚上りタクシーが約70km/hのスピードで分流正面に衝突。前衛体および後衛体まで完全に破壊。後衛体とバリヤとの間にある地覆台上に配列設置してあった、2段積みのサイドクッション6個のうち、4個を完全に破壊して、タクシーは乗り上げ横転。器物破壊で弁償させられた。車体はフロントバンパーが少し変形しただけで、運転者はかすり傷ひとつ負わなかった。53.5国道246号線赤坂上り約15°の角度で正面衝突し、前衛体の右側壁面を破壊、後衛体も右側の角を破損。そのまま乗り逃げ。事故の発生はなかった。53.12国道246号線赤坂上り正面から衝突し、前衛体および後衛体を完全に破壊。車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。54.5国道20号線松原下り前衛体および後衛体を破壊。車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。54.9国道20号線初台上り正面衝突で前衛体および後衛体を完全に破壊。車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。55.3国道20号線笹塚上り前衛体と後衛体を破壊された。車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。55.7国道20号線初台上り前衛体ならびに後衛体の下体部へステンレススチール製の枠をはめ合わせて、アンカーボルトで固定し、衝突した際に車両の前部が乗り上げ、停止させることが可能かどうか試験的に設置したが、全部破壊され、車両は乗り逃げ。事故の発生はなかった。55.8国道20号線笹塚下りトラックが正面衝突。ノックスクッション前・後衛体まですべて破壊、さらに点滅灯を破壊して車体を乗り上げ、傾斜状態で停止。これにともなう人身事故はなく、車両も運転走行に支障はなかった。56.1国道20号線松原下りトラックが前衛体および後衛体に衝突し、破壊された。人身および二次事故の発生はなかった。車両は前部を破損し、運転者は器物破損で捕らわれた。クッション56.3国道20号線前衛体に乗用車が衝突。破損したものの人身事故は発生しなかった。56.4国道20号線3件発生。いずれも人身事故、交通事故にはならなかった。57.1国道20号線2件発生。うち1件はオートバイが衝突。運転者は軽傷を負った。2件とも器物破損で捕われた。58.10件発生。交通事故は皆無。全部器物破損となって自己弁償になる。北海道、仙台、新潟、名古屋、大阪、水島、広島等。H27.5秋田県県道正面から乗用車が衝突し、前衛体を破壊。以上、全国各地の国道や主要道路の分流点で、ノックスクッションの破壊・破損が発生しているものの、その優れた緩衝効果は2次事故や人身事故に至っていません。


<< | < | > | >>