交通安全用品総合カタログ 2020-2021


>> P.181

コアカッターでφ210mm深さ80~90mmにコア抜きし、穴のまわりをマスキングします。※工場出荷時は充電されていませんので施工前に1日程充電して下さい。接着剤は気温20℃の場合約20~30分で硬化がはじまるので素早く作業して下さい。25℃で約3~5時間で硬化します。5℃以下の時は硬化促進剤を使用すると約20~60分で硬化が始まります。再度点灯確認して完了です。接着剤があふれないよう慎重に本体を入れて下さい。このとき発光面の方向を再度ご確認願います。接着剤(TボンドAZM600)の主剤と硬化材を攪拌し付属の硅砂をよくかき混ぜてから切削穴に入れて下さい。接着剤は全部入れずに八分目ほどにしておいて下さい。コアカッターでφ210mm深さ115~120mmにコア抜きし、穴のまわりをマスキングします。※工場出荷時は充電されていませんので施工前に1日程充電して下さい。接着剤は気温25℃の場合約3~5時間で硬化いたします。気温5℃前後では硬化促進剤を使用すると約20~60分程度で硬化が始まります。硬化する前に方向とレベルを調整し、衝撃を与えないで下さい。発光面の方向を確認し本体を切削穴に入れて下さい。本体は接着剤に沈めると浮いてきますので、重石を置いて接着剤が硬化するまで養生して下さい。※発光面の向きは、LED(赤色)が一時停止側になります。切削した穴を清掃し、路面と本体をマスキングして下さい。その後、接着剤(TボンドAZM800)を切削穴に注入します。※接着剤は主剤と硬化材を充分攪拌し、硅砂をよくかき混ぜ、モルタル状にします。※接着剤は静かに入れてください。また、分量は全て入れず様子を見ながら入れて下さい。h=95対応機種コアカッターでφ150mm深さ110~120mmにコア抜きし、穴のまわりをマスキングします。※工場出荷時は充電されていませんので施工前に1日程充電して下さい。接着剤は気温20℃で約20~30分で硬化がはじまるので素早く作業して下さい。25℃で約3~5時間で硬化します。5℃以下の時は硬化促進剤を使用すると約20~60分で硬化が始まります。再度点灯確認後、レベルバーを取り外し、マスキングをはがして完了です。接着剤があふれないよう慎重に本体を入れて下さい。レベルバーと本体の隙間に接着剤が入らぬよう、注意して下さい。このとき発光面の方向を再度ご確認願います。接着剤は比重が大きいため本体が浮かぬよう重石を置いて下さい。接着剤(TボンドAZM600)の主剤と硬化材を攪拌し付属の硅砂を入れよくかき混ぜてから切削穴に入れて下さい。接着剤は全部入れずに八分目ほどにしておいて下さい。付属のレベルバーを本体に取付けます。コアカッターでφ150mm深さ75~85mmにコア抜きし、穴のまわりをマスキングします。※工場出荷時は充電されていませんので施工前に1日程充電して下さい。75~85接着剤は気温20℃で約20~30分で硬化がはじまるので素早く作業して下さい。25℃で約3~5時間で硬化します。5℃以下の時は硬化促進剤を使用すると約20~60分で硬化が始まります。再度点灯確認後、レベルバーを取り外し、マスキングをはがして完了です。接着剤があふれないよう慎重に本体を入れて下さい。レベルバーと本体の隙間に接着剤が入らぬよう、注意して下さい。このとき発光面の方向を再度ご確認願います。接着剤は比重が大きいため本体が浮かぬよう重石を置いて下さい。接着剤(TボンドAZM450)の主剤と硬化材を攪拌し付属の硅砂を入れよくかき混ぜてから切削穴に入れて下さい。接着剤は全部入れずに八分目ほどにしておいて下さい。付属のレベルバーを本体に取付けます。交差点用h=67対応機種施工方法自発光式道路鋲181www.azuma-syokai.co.jp


<< | < | > | >>