交通安全用品総合カタログ 2020-2021


>> P.39

LED表示板LED表示板自発光式道路標識視線誘導標反射シート線形誘導標スノーポール積雪対策製品地域別スノーポール障害物表示道路鋲縁石鋲車線分離標車止め樹脂ブロック衝撃緩衝装置路面標示材速度抑制装置LED照明灯カーブミラー鳥害防除施設銘板支柱・金具接着剤路面補修材気象業務法による気象観測施設の届出について気象計を使用した電光表示板の設置には気象業務法に従い、気象庁への届出が義務付けされております。LED表示板を設置し気温表示を行う場合、管理者様にて最寄の気象台への届出をお願い致します。■気象業務法による気象観測施設届出の目的■気象業務法では、気象庁以外の公的機関(政府機関または地方公共団体)または一般事業者が行う気象観測について、その成果を災害の防止・軽減・社会経済活動の円滑な推進に活用するため、正確な気象観測の実施及び観測方法の統一を確保することを目的としています。そのために以下の項目が定められています。・技術上の基準に従った観測を行う・気象庁の検定に合格した測定器を用いる:気象業務法第九条・気象観測施設の設置・変更・廃止の届出:気象業務法第六条第三項:気象業務法第六条第一項、第二項■気象業務法による気象観測施設届出について■気象計を使用した電光表示板は気象庁検定付センサーを使用し、測定値の表示機能を有しています。また、その閾値により注意喚起表示を行うことができます。気象業務法によると、観測成果の発表・防災に利用する場合は第六条第三項により気象観測施設の届出が必要となり、気象計を使用した電光表示板は気象観測施設に該当します。■気象観測施設届出方法■(1)手続対象者:気象観測施設該当製品の設置後の管理者様(2)届出先:最寄りの気象台・全国の気象台の所在地、連絡先は気象庁のウェブサイトにてご確認ください。参考URL:「気象観測施設に関する問い合わせ」http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kansoku_guide/f3.html(3)提出方法:持参、郵送、FAX、電子媒体、メールにより気象台へ必要書類を提出(4)必要書類:「気象観測施設設置届出書」及び気象計の「検定証書」複写可)(5)気象観測施設設置届出書記載内容届出申請の書式は特に定めはありません。記入事項は下記になります。記入例が気象庁のウェブサイトに記載されています。参考URL:「気象観測施設の届出と気象測器の検定」http://www.jma.go.jp/jma/kishou/shinsei/kentei/index.html①氏名または名称及び住所(例:○○土木事務所等)②事業所の名称及び所在地(例:○○土木事務所等)③観測施設の所在地(例:○○県○○市△△1-5-5等)④観測の目的(例:交通安全のため等)⑤観測施設の明細(例:電気式温度計およびLED気温表示板等)⑥観測種目及び時刻(例:気温/常時観測等)⑦観測開始期日(令和○年○月○日等)(6)提出時期・・・気象観測施設設置から30日以内です。※気象観測施設の変更・廃止の場合も届出が必要となります。■気象庁認定のセンサー■検定センサー(白金測温抵抗体及び風速計)を搭載し正確な情報を提供します。LED表示板39www.azuma-syokai.co.jp


<< | < | > | >>